読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3月16日

今日からマプト。月曜日からほぼ何もできないまま、旅行へ旅立ってしまった。

 

気持ち良く出発できなかったぶん、しっかり楽しみ、また任地へ帰りたいと思う。

 

ひさびさに同期や264の隊次のみんなに会い、人は恋愛をはじめ、人は名残惜しさを噛み締め、人は仲間を先に送り闘い続ける。

 

思い思いの人生が途切れることなく進んでいる事を改めて噛み締めた僕は、検便の便と格闘した末に敗北し明日へ闘いを延期する。

3月14日

<103歳になってわかったこと>

人は、用だけを済ませて生きていくと、真実を見落としてしまいます。

真実は皮膜の間にある、という近松門左衛門の言葉のように、求めているところにはありません。しかし、どこかにあります。

雑談や衝動買いなど、無駄なことを無駄だと思わないほうがいいと思っています。

無駄にこそ、次のなにかが兆(きざ)しています。

用を足しているときは、目的を遂行することに気をとられていますから、兆しには気がつかないものです。

無駄はとても大事です。

無駄が多くならなければ、だめです。

お金にしても、要るものだけを買っているのでは、お金は生きてきません。

安いから買っておこうというのとも違います。

無駄遣いというのは、値段が高い安いということではなく、なんとなく買ってしまう行為です。

なんでこんなものを買ってしまったのだろうと、ふと、あとで思ってしまうことです。

しかし、無駄はあとで生きてくることがあります。

私は、3万円だと思って買ったバッグが30万円だったことがありました。

ゼロを一つ見落としていたのです。

レジで値段を告げられて驚きましたが、いい買い物をしたと思っています。

何十年来とそのバッグを使っています。

そして、買ってしばらくしてから、そのバッグの会社オーナーが私の作品を居間に飾っていることを雑誌で知って、あらお互いさまね、と思いました。

時間でもお金でも、用だけをきっちり済ませる人生は、1+1=2の人生です。

無駄のある人生は、1+1を10にも20にもすることができます。

私の日々も、無駄の中にうずもれているようなものです。

毎日、毎日、紙を無駄にして描いています。

時間も無駄にしています。

しかし、それは無駄だったのではないかもしれません。

最初から完成形の絵なんて描けませんから、どの時間が無駄で、どの時間が無駄ではなかったのか、分けることはできません。

なにも意識せず無為にしていた時間が、生きているのかもしれません。

つまらないものを買ってしまった。

ああ無駄遣いをしてしまった。

そういうときは、私は後悔しないようにしています。

無駄はよくなる必然だと思っています。

もし仮に、無駄のまったくない人生を生きてきた人がいたとしたらどうだろう。

やることなすことすべてうまくいき、日の当たる場所や、近道だけを選び、効率的で全く無駄のなかった人生。

もしいたとすればの話だが、およそつまらない人間がそこに存在していることになる。

人は、寄り道をしたり、道草をくったり、どん底を味わったり、失敗や嫌な目に遭うという、人生の無駄を経験するからこそ、人としての味や深みが出る。

「人生の余白」ともいうべき、人としての遊びや余韻の魅力だ。

「無用の用」という老子の言葉がある。

一見すると役に立たないようなことが、実は大きな役割を果たしているということ。

無駄のある人生も、時にいいものだ。

https://1kando.com/50417

ー美術家の篠田桃紅(とうこう)さん。
著書「103歳になってわかったこと」は現在ベストセラー。年齢にとらわれず、「毎日が新しい」と日々創作活動に打ち込む姿が多くの人々を魅了する

 


f:id:Mutokenken:20170315054633j:image

3月6日

養蜂研修初日、ジルドゥ安定の5時半モーニングコールで目を覚ます。

 

早いよ!モザン人朝早過ぎ!

 

E Bom dia como está?

G N¥$# bem.

E Aqui também.

G Não não estou bem.

E Porque? O que é que aconteceu?

G O meu irmão faleceu...

 

眠気眼で定型の挨拶を交わしたが、兄弟が亡くなり調子はあんまりよと。

朝から訃報を受け、なんとも言えない気分を味わい、二度寝に。

 

朝から晩まで疲れたなぁ。

 

早く明るい笑顔が彼に戻りますように。
f:id:Mutokenken:20170307062102j:image

3月2日

あまり寝れない中、朝5時半にジルドゥのモーニングコールで目を覚ます。早いわまじで。

 

マタカラーニ、ムングゥアンビを訪問し昼過ぎに帰宅。とにかく疲れた。


f:id:Mutokenken:20170303062452j:image

 下手したら死ぬわこんな橋!

 

帰りはこの橋を渡りたくないのでジルドゥに違う道を教えてもらい一緒に帰ったがそちらも崩壊している道だったので、途上国を大満喫。

 

少し寝て、目を覚まして、まなと真面目な話をし、仲直り。

 

そんな1日。サラブレッドのような子山羊はきっとお星様のようになるのだろう。
f:id:Mutokenken:20170303062327j:image

3月1日

まなと少し険悪になり、2日間体調不良を装いまなの事を考えていた。

気づけば3月!

 

3日も床に居続けては身体が腐ると思い、重いからだをたたき起こし月曜から行われていた普及員の研修へ!

 


f:id:Mutokenken:20170302055840j:image

しかししっかりしたワークショップ形式の研修であったなと思う。途上国に派遣され、ワークショップに参加させてもらってるのは可笑しな話ではあるが、自分らしいなとも思う。

 

ひさびさにオバちゃんと!
f:id:Mutokenken:20170302055948j:image

 

この研修は、ポル語、また普及員の仕事を知る上でもとても勉強になったが、何より普段外に出ている各普及員とのコミュニケーションという意味でとても有意義だったな。

 

今日は研修最後だったが、おれは外国ジーンなので日当を貰えず、もちろん貰う気も無かったのだが、アフリカーノ、ガブリエル(研修ファシリテーター)を中心に「20MTずつ集めてたろうにあげよう!たろうも研修に参加してるのにたろうだけ貰えないのは良くないよ!」

 

もちろん受け取らなかったが、アフリカーノいいやつだなぁ。男らしい格好良さ。ボンバは日本の金がどうのこうの(冗談まじりで)言ってたが。

研修後もマックスに来いよ言われてポウサーダのカウンターに行くと、どのビール飲む?おごるぜ!

 

なんか、うん、来て良かったと思える事が最近増えてきてる。できることをがんばってこう。

 

最後にそんなアフリカーノのウイニングショット前。
f:id:Mutokenken:20170302060626j:image

 

2月25日

今日は朝から目覚め割と活動的に。Gildoと仕事の約束をしていて、来ないかなと思いきや遅れて来た。

シャパで来る時は時間が読めないので遅れるのは致し方なく、また来てくれるだけ誠実だなと思った。

午前中農家へ仕事をしに出向き、その後は彼の自宅に招待してもらい訪問!


f:id:Mutokenken:20170226044310j:image

まず親戚の家へ

 


f:id:Mutokenken:20170226044345j:image


f:id:Mutokenken:20170226044400j:image


f:id:Mutokenken:20170226044440j:image


f:id:Mutokenken:20170226044456j:image

素敵な家族、素敵な夫婦、可愛い子供たちとわんちゃん。料理もご馳走してもらい大変有意義な1日だった。

ちなみにわんちゃんは4ヶ月、こっちでも犬の売買はあるらしく、12月に購入したとのこと。とにかくじゃれるのが好きなわんちゃんでとてもかわいかった。

 

 Gildoは終始私のことを良く言ってくれ、残すところ1年ちょっと、一生懸命彼と働いていこうと思う。

 

 

Eu : Pode ser a minha esposa?

Garota : não

Eu : Há de ser a minha namorada, né?

G : não

 

 

 

モザン人女性から人気ねぇ!!(幼女含む)

 

2月24日

今日を振り返ってみると、愛知県時代を思い出す。

営業にも行かずただゴロゴロ家で過ごした日々。

あの日々で学んだのは、サボったところで自分はあまり活動的になれないこと。

 

今日はHelioが来た後、上司、所長とCochanhaneについて話す予定であった。

しかしベットでゴロゴロしながら待てども彼は来ず。

わかっている仕方ないのは。でもモザンに来てからよく腹が立つのは

 

1、予定を勝手に変え連絡もしてこない

2、「今日何々するよ!」「あれどうなった?」「今日はこれこれこうだから明日じゃなきゃ無理だ!」→もちろん翌日にもしない

 

この二大巨塔。1は大分慣れてきた部分がある。モザンでは日本の常識では予想できないことが起こることもあるからだ。

2に関しては何故できないのにできるといい、来ないのに来るというのか。ほんと余裕ないときはまーまーイラついてしまうよ。

 

ちなみに誠実なHelioは業務時間後、私のうちまで来て「Mocodoeneの橋が崩れており思った以上に戻ってくる時間が掛かった」説明をしにきてくれた。

 

結果、何もしていない今日。

このようなケースの場合何をしていくかパターン可すると行動しやすいかなと思った。

 

 

最後に、ママグロリアが本日155MTの売上をジュース販売により収益。働き者だ偉い!