読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1月27日28日

27日

ネリカ米研修のためマプトへ。南ア以外では初の長距離旅行に心踊らせるPauloは終始上機嫌。

 

初めて飛行機に搭乗するPaulo
f:id:Mutokenken:20170129063404j:image

 

モザン人は時々暗闇と同化してしまう
f:id:Mutokenken:20170129063523j:image

 離陸する感覚をとても気に入ったらしい。

 

Terminasへ到着したPaulo
f:id:Mutokenken:20170129053415j:image

 

JICA事務所を訪れるPaulo
f:id:Mutokenken:20170129053426j:image

 

初めての中華料理を堪能するPaulo
f:id:Mutokenken:20170129053654j:image
f:id:Mutokenken:20170129053731j:image
箸に挑戦すると言い、最後まで箸で食事をする。意外と箸の使い方が上手!

 

その後Terminasで飲み直し。初めてのVinho verde
f:id:Mutokenken:20170129062529j:image

 

「Taro! Eu gostei muito! (タロー!おれは気にいったよ!(楽しかったり、新たに良い経験をした際にモザン人が言う言葉))」を連発。

 

28日

本日も上機嫌。Maputo→Johannesburg→Entebbe(Uganda)と移動。様々な初めてを体験。

 

初めての動く歩道
f:id:Mutokenken:20170129063101j:image

 

初めてのウガンダ(私も)
f:id:Mutokenken:20170129063219j:image


 

ホテルCentral innの送迎タクシーに両替所まで連れて行って貰ったが、少しはめられてしまう(憶測)。また夕食のレストランも高く、少し暗い雰囲気になってしまった。

 

それでも上機嫌に夕食
f:id:Mutokenken:20170129054542j:image

本日も gostei muito! を連発。

 

モザン人に腹が立つこともしばしばあるが、「タローの事は忘れられないよ、おれの友達だ」と度々繰り返す彼を見て、国際協力の醍醐味のようなものを感じる旅のはじまりとなった。

 

肩周りにブツブツが顔を出す、ブツブツも楽しみの輪に加わりたいのだ。そんなウガンダ初日。